おいらせ写真館

一瞬の輝きを求めて!

仏ヶ浦フォトNo.3

どこかで見たような写真になりました。
_DSC1382.jpg
スポンサーサイト
  1. 2017/09/25(月) 18:56:45|
  2. 仏ヶ浦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

仏ヶ浦フォトNo.2

顔があちらこちらに
私を見ているのでしょうか~
_DSC1380.jpg
  1. 2017/09/24(日) 18:45:55|
  2. 仏ヶ浦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

2度目の仏ヶ浦へ

仏ヶ浦の星空が忘れられずにまた行ってきました!
その写真を毎日1枚アップします。
No.1
仏ヶ浦の巨岩が顔に見えるのは私だけでしょうか~
_DSC1377_201709232143516ce.jpg
  1. 2017/09/23(土) 21:45:49|
  2. 仏ヶ浦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

仏ヶ浦 巨岩と星空の聖域 Time Lapse 4k

仏ヶ浦は青森県陸奥湾口の平舘海峡に面した峻険な海岸沿いに2キロメートル以上に亘り、奇異な形態の断崖・巨岩が連なり、恐山の奥の院といわれる心霊スポットです。
この地で一人、星空撮影するのは気が引けましたが、100m級の巨岩と星空が織り成す
神秘的な光景が見たく「怖い、でも撮りたい」心の葛藤の末、タイムラプス撮影を決行しました。

また、日本各地に足跡を残した文人 大町桂月(1869~1925)は、1922年9月に下北半島を訪れた際、仏ヶ浦を見て強い感興を覚え、「神のわざ 鬼の手つくり仏宇陀 人の世ならぬ処なりけり」の和歌をもってその奇観を賞したそうです。

・ 撮影カメラ:Sony a7R2、 a900( 16-35mmF2.8ZA SSM、24-70mmF2.8ZA SSM)
モバイルバッテリー使用

・ ナノトラッカーTL(モバイルバッテリー使用)

・ 編集ソフト:Vegas Pro14、Photoshop Lightroom6

・ 音楽:DOVA-SYNDROMEさんから「女神レイリア~玉座と冥王ヴォルフラム~」をお借りしました。

  1. 2017/09/17(日) 15:57:04|
  2. タイムラプス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

仏ケ浦の星空

仏ケ浦の星空、遂に撮ってしまいました。
次第に日が暮れ星が輝きだし・・・
_DSC8767.jpg

この夜は月齢19、月の出が20:40頃だったので、20:00過ぎまでは天の川がちょっとの時間ですが見ることができました。
_DSC5257.jpg

圧倒的な巨岩・奇岩の存在感
_DSC0021.jpg

北側は北斗七星とのコラボレーション
_DSC8896.jpg

月の光と雲が流れてきてこの夜のドラマは幕を閉じました。
_DSC5505.jpg
人を寄せ付けない神聖の仏ケ浦の星空
この異次元の世界には圧倒されました。






  1. 2017/09/12(火) 21:20:16|
  2. 仏ヶ浦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

異次元の世界へ

下北半島の仏ヶ浦へ行ってきました。
以前から「撮りたい!でも怖い・・・だけど行きたい」の葛藤の末
オールナイトの撮影を決行しました。

我が家から車で3時間のロングドライブ、ちょうど三沢航空祭のアクロバット飛行が行われている最中出発!

仏ヶ浦駐車場からカメラ、三脚など一式をリュックに背負い600m徒歩で海岸へ前進し15分ぐらいで到着
午前中凄まじい豪雨が青森県を襲ったが、夕方は一転して抜けるような青空

ここで仏ヶ浦のプチ情報
国指定天然記念物 『仏ヶ浦』
仏ヶ浦の原型は、約2000万年前の海底火山活動によって形作られたといわれています。 神秘的に並ぶ巨岩・奇岩の中には、岩に名前や言い伝えがあったり、源義経の伝説にまつわる岩も存在しています。 
仏ヶ浦は、綾瀬はるかさん主演の精霊の守り人シーズン2で、サンガル王国のロケ地として使われました。日本国内とは思えない、豪快でありながらも神秘的なサンガル王国が演出できていたのではないかと思います。

_DSC8404_20170911151654d7c.jpg

別の星に来たような!
_DSC8408.jpg

_DSC8421.jpg

ここ仏ヶ浦は、恐山の奥の院ともいわれる聖地です。
最強の心霊スポットであり、下の写真は夕日が当たっているところが髪の長い女性のような顔に見えます。
でもこれは今、気が付きました。おそらく現場で気が付いていたら帰っていたかも(笑)
_DSC8435.jpg

次は仏ヶ浦の星空



  1. 2017/09/11(月) 15:37:51|
  2. 仏ヶ浦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

全国スポーツ流鏑馬第2回八戸大会2

前回の続きで八戸櫛引八幡宮で行われた流鏑馬大会!
ここでルールを紹介したいと思います。

●個人戦は全員が3回走ります。団体戦は3人(頭)1組で2回走ります。
●箱的に矢が入れば的中。それ以外の部分が的をかすっても的中になりません。
●『1の的(10点)』『2の的(20点)』『3の的(10点)』となります。
●的から的までの距離は55mあり、タイムは1の的から3の的までの110mで計測します。タイム制限があり、一般の部は15秒、上級の部は12秒、団体戦は17秒でタイムオーバー・無得点となります。
(速すぎても馬をコントロール出来ていないということで失格になります。時間は忘れました・・・)
●全走の合計点数の多いほうが上位、同点の場合は合計タイムの少ないほうが上位となります。

この写真は騎手もさることながら、馬の躍動感が気に入っています。
_DSC8215-2.jpg

ここからは団体戦です。
_DSC8313-2.jpg
_DSC8318-2.jpg
_DSC8358.jpg
_DSC8355.jpg
後ろ姿も凛々しい流鏑馬観戦でした。

  1. 2017/08/12(土) 18:18:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

全国スポーツ流鏑馬第2回八戸大会

8月11日に八戸櫛引八幡宮で行われた流鏑馬大会を撮影しました。
私のカメラとレンズは動きものにはほぼ無力で、置きピンででの撮影です。
_DSC8098.jpg
最初はフォーカス追従で撮影しましたが、ピンボケ写真の量産状態・・・
結局一発勝負のフォーカス固定で撮影しました。

この馬はダルメシアンのようなプチ模様です。
_DSC8173.jpg
_DSC8273_201708112120375ef.jpg
_DSC8284.jpg
上級者はスタビライザが効いていて顔がぶれません。
恐るべしです。
残りの写真は次アップします。

  1. 2017/08/11(金) 21:31:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

今日は朝と夕方、焼けたような!

早朝の出勤時に羊雲のような独読な雲が見られました。
朝焼けの時間は過ぎていたので焼けたんだろうなと予想・・・
そして仕事帰りも何やら焼けそうな雲!
家に帰るなりカメラを持ち出しいちょう公園へ

刻々と茜色に染まる雲を見ながらシャッターを切りました。
_DSC7843-2.jpg
  1. 2017/07/25(火) 22:57:43|
  2. いちょう公園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

光輝く神秘の森

東北最大級のヒメホタル生息地である岩手県の県北に位置する折爪岳
7月上旬から中旬頃まで山頂付近を中心にヒメホタルが幻想的な光景を見せてくれます。

オープニングで出迎えてくれるポケットモンスター「オドデ様」
ではなく民話に伝わる折爪岳の怪鳥「オドデ様」の滝は、私の大好きな場所となりました。

ビデオでは映し出せない暗闇の光景を、デジタルカメラの長時間露光を駆使しタイムラプスとして動画にしました。
終盤のBig Wave では、30秒露光の写真を1秒間に30枚ほど使用し現場のライブ感を演出しました。

2017.7.13撮影
16:00ごろにあった雨が止んで、気温高め(23℃~24℃)、風なし、曇、虫の多いことを除けば絶好のホタル日和でした。
  1. 2017/07/19(水) 11:41:08|
  2. ホタル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
次のページ

プロフィール

oirase

Author:oirase
十和田湖、八甲田山など大自然の一瞬の輝きを求めて写真撮影を楽しんでいます。また、各種フォトコンテストにチャレンジ中


★プロフィール
青森県おいらせ町在住の子年
・2000.10 オリンパスE-10デジイチ購入でデジカメの世界へ
・2009. 1~2011.12
月刊「フォトコン」への応募(たま~に入選)
・2012.1~2015.12 隔月刊「風景写真」への応募(たま~に入選)
・2013.2ブログ開設
・2013.12 「フォトマスター検定1級取得」
・2014. 4 「フォトマスター検定EX取得」


★使用カメラ 
・ソニー α7RⅡ(2015.12~)
・ソニー α900(2008.12~)
使用レンズ
・Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM
・Vario-Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM
・Sonnar T* 135mm F1.8 ZA
・70-300mm F4.5-5.6 G SSM
マウントアダプター(Eマウント→Aマウント)
・LA-EA3
当ブログはリンクフリーです。気に入っていただけましたらリンクをしていただけると嬉しいです。その際、コメントもいただけるとありがたいです。よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (50)
四季 (0)
冬 (19)
八甲田 (22)
寒立馬 (3)
えんぶり (20)
フォトコン (11)
しぶき氷 (17)
沖縄 (2)
大須賀海岸 (18)
桜 (32)
春 (36)
弘前公園 (13)
奥入瀬渓流 (23)
蕪島 (3)
初夏 (2)
いちょう公園 (11)
グダリ沼 (9)
小川原湖 (8)
夏 (18)
蔦沼 (25)
洋野町 (3)
田代平 (18)
猿賀神社 (1)
秋 (27)
十和田湖 (27)
東京 (3)
カメラ (4)
仙台 (1)
白鳥 (2)
階上岳 (3)
赤沼 (2)
双龍の滝 (2)
コンポジット (0)
グルグル (8)
睡蓮沼 (3)
パソコン (1)
星 (42)
博物館 (4)
八戸公園 (1)
ホタル (3)
田子町 (6)
赤そば (1)
タイムラプス (17)
仏ヶ浦 (5)

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR