おいらせ写真館

一瞬の輝きを求めて!

我が家の庭

何十年かぶりに家庭菜園をやりました。
ミニトマト
苗木を植えて1ヶ月が経ちますが、やっと小さな実を付けてきました。食べれるのは、いつになることやら?
_DSC2824.jpg
ナス
ヤマセの風(東北から吹く冷たい風)が吹く我が家の庭は、ナスが食べれるか不安・・・
あとメロン、キュウリも植えてます。
_DSC2825.jpg
ブルーベリーは毎年程良く実を付け、子どもたちのデザートとなっています。
_DSC2810.jpg

_DSC2818.jpg
_DSC2829.jpg
お山に撮影に行きたいな~



スポンサーサイト
  1. 2014/06/26(木) 20:32:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

田代平湿原へ

6月15日に、田代平高原から田代平湿原へ寄ってきた写真です。
入り口付近にある龍神池は水の色が神秘的なグリーンで藻のようなものが浮遊しています。
アートですね~このライン!
_DSC2794.jpg
そして池の対岸へ行こうと脇道を進むと橋の片方の木が折れ壊れていました。
誰かが渡ったとき折れたのでしょう?その人は池に落ちたかも知れませんね・・・・
そんな事を考えながら硫黄の臭いがする道を湿原へ歩きます。
木馬道に入るとツツジ、ワタスゲなど湿原の植物が雨の中目に飛び込んできます。
_DSC2747.jpg
モウセン苔
初めてマジマジと見ました。
面白いですね~この形
ムシをパクッと食べていそうですね!!!
_DSC2770.jpg
池には睡蓮の葉が浮かびます。
_DSC2774.jpg
_DSC2800.jpg
久しぶりの雨の田代平湿原は、癒されました。
  1. 2014/06/18(水) 19:00:00|
  2. 田代平
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

高原のツツジ

本日(6月15日)早朝、田代平高原グダリ沼フォトに行ってきました。
駐車場には私の車を含め4台が暗闇の中、高原の夜明けを待っていましたね
まずは対岸の高台から
_DSC2696.jpg

霧と朝日が出れば良かったな~ 残念ながら小雨混じる曇り空
次は沼の辺へ
_DSC2706.jpg
沼と言っても、ここの水は透明度の高い綺麗な清流
_DSC2707.jpg
レンゲツツジは終盤を迎えていました。桜もそうですが私は散り花が好きです。
本日のメインディッシュは、ツツジとグダリ沼!
_DSC2709.jpg
デザートは、夜明け前の闇に佇む高原のツツジ
_DSC2717.jpg
  1. 2014/06/15(日) 10:25:14|
  2. グダリ沼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

白雲亭の朝

十和田湖白雲亭展望台は、中々一般観光客の方は行くことがない展望台です。
と言うのも、駐車場で車を降り登山道を30分登らないと着くことが出来ません。
今回は2012年6月に撮影した写真を紹介します。
この日は、雲海を狙って深夜1時過ぎに自宅を出発しましたが、十和田湖に着くなり湖面に霧はありませんでした。
でもせっかく来たので白雲亭展望台に向け登山道を登り、日の出前に現地に到着しました。
三脚をセットし時を待ちます。
そしてブルーアワーの空が次第に暁色に染まり、柔らかな朝日が顔を出します。
_DSC1717.jpg
300mm望遠レンズでの切り取り
_DSC1718.jpg
「極上の至福の時間です!」とカッコイイ事を言いたいんですが、ちっちゃいムシがその辺ブンブン飛んで払い除けるのに忙しい(>_<)
でも目前の光景は刻々と変化します。
_DSC1731.jpg
朝日が高くなると逆光が強くなりそこで退散です。
今年は「日の出と雲海」に出会いたいな!
  1. 2014/06/08(日) 08:38:50|
  2. 十和田湖
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

七戸三階滝

今回は七戸三階滝です。
七戸道の駅から西へ約10km行きトンネルを抜けると作田ダムがあります。(途中から舗装道路が切れ砂利道です。)
そしてダムから5分ほど進むとこの写真の左手に橋があります。
_DSC2630.jpg
橋を渡り約1.2Km進むと写真の「殿上沢橋」がありますので渡った左手に車を止め筋向かいの登山道を登ります。
_DSC2629.jpg
45度強の斜面が数カ所ありますので滑落には注意を!(登り・下りにはトラロープがあります。)10分位で
第1の滝に到着 落差約15m(汗びっしょりです。)
ピーカンの天気でしたので風景写真的にはあまり良くありません。記録写真としてご覧ください。
_DSC2602.jpg
第1の滝から5分ほどで第2の滝に到着!落差約16m
アップダウンがきついです。
_DSC2604.jpg
第2の滝から10分で第3の滝 途中滑落しそうなところが数カ所慎重に進まないと危険です。
第3の滝は龍天の滝とも呼ばれている見たいです。
落差約50m
立派な滝です。来た甲斐があります。
次は渓流竿を持ってこよう(魚いないかな?登って来れない?)
_DSC2612.jpg

沢を何回か渡りますので長めの長靴は必要です。(道が途切れたら対岸にトラロープが見えますので目印に!)
注意!:観光気分で行けるところではありませんので気を付けて下さい。




  1. 2014/06/03(火) 18:46:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

瑠璃色に輝く赤沼

今回は、南八甲田に位置する赤沼です。
焼山から行くと、蔦温泉を通過し蔦トンネルを抜け間もなくすると仙人橋があります。
蔦沼からのルートがありますが、今回は一番楽な仙人橋の脇から赤沼への登山ルートを紹介します。
_DSC2631.jpg
仙人橋の道路脇にこの看板がありますので道伝いに進んでいきます。まだ所々に残雪がありましたのでぬかるみになっていました。(長靴で正解でした。)早足で行きましたので30分で赤沼に到着です。
_DSC2633.jpg
立ち枯れの木が倒れていました!
ここの沼は瑠璃色にエメラルドグリーンを足したような色で輝いています。
とても魅力的です。
_DSC2654.jpg
ムラサキヤシオツツジが咲いていました。
_DSC2675.jpg
_DSC2680.jpg

今回は昼過ぎに来たので今度は明け方にまた来てみたいです。
色んな表情を見せてくれる赤沼です。
一つ疑問が・・・
この色なのになぜに赤沼?源流が赤倉岳から流れているから?


  1. 2014/06/01(日) 12:21:19|
  2. 赤沼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

プロフィール

oirase

Author:oirase
十和田湖、八甲田山など大自然の一瞬の輝きを求めて写真撮影を楽しんでいます。また、各種フォトコンテストにチャレンジ中


★プロフィール
青森県おいらせ町在住の子年
・2000.10 オリンパスE-10デジイチ購入でデジカメの世界へ
・2009. 1~2011.12
月刊「フォトコン」への応募(たま~に入選)
・2012.1~2015.12 隔月刊「風景写真」への応募(たま~に入選)
・2013.2ブログ開設
・2013.12 「フォトマスター検定1級取得」
・2014. 4 「フォトマスター検定EX取得」


★ カメラ 
・ソニー α7SⅡ(2018. 4~)
・ソニー α7RⅡ(2015.12~)
・ソニー α900 (2008.12~)
★ レンズ
・Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM
・Vario-Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM
・Sonnar T* 135mm F1.8 ZA
・70-300mm F4.5-5.6 G SSM
・LAOWA15mm F2 FE Zero-D(2019.2~)
マウントアダプター(Eマウント→Aマウント)
・LA-EA3
★ カメラスライダー
 KONOVA K3 120cm 電動スライダー(2018. 4~)
当ブログはリンクフリーです。気に入っていただけましたらリンクをしていただけると嬉しいです。その際、コメントもいただけるとありがたいです。よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (59)
四季 (0)
冬 (20)
八甲田 (42)
寒立馬 (4)
えんぶり (36)
フォトコン (11)
しぶき氷 (45)
沖縄 (2)
大須賀海岸 (23)
桜 (31)
春 (36)
弘前公園 (20)
奥入瀬渓流 (26)
蕪島 (3)
初夏 (2)
いちょう公園 (12)
グダリ沼 (11)
小川原湖 (8)
夏 (18)
蔦沼 (28)
洋野町 (11)
田代平 (23)
猿賀神社 (1)
秋 (27)
十和田湖 (50)
東京 (3)
カメラ (4)
仙台 (1)
白鳥 (2)
階上岳 (3)
赤沼 (11)
双龍の滝 (3)
コンポジット (0)
グルグル (8)
睡蓮沼 (6)
パソコン (1)
星 (50)
博物館 (4)
八戸公園 (1)
ホタル (7)
田子町 (8)
赤そば (2)
タイムラプス (29)
仏ヶ浦 (23)
八戸三社大祭 (1)
干し柿 (1)
東通村 (2)
菜の花 (1)

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR